スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

SO-01bにカスタムROM(ThGo2 v14)をインストール成功 

初代Xperiaを購入してから、あと2ヶ月で2年縛りも切れるので、
潰すつもりで、今まで敬遠してきたカスタムROMを入れて見ました。
1.用意するもの(Windows PCにインストールしたもの)
1)Java SE Development Kit
2)Android SDK Tool
3)Flashtool(使用したバージョンは0.6.7.0

2.用意するもの(root化に必要なアプリをXperiaに事前にインストール)
1)Superuser

3.用意するもの(Xperiaのアップデート用ROMなど)
1)FTF Bundle(ファイルを解凍して、C:\Flashtool\firmwares内にコピー)
2)ThGo2 v14.zip(ZIPファイルのままXperiaのSDカード内の適当なフォルダにコピー)

4.まずはrootを取ることから
3.で紹介したファイルは全て準備完了していることを前提で・・・。
1)PCにAndroid SDK ToolとJava SDKのインストール
とりあえず、リンク先のページのSTEP1からSTEP4までの操作をやればOK。
2)Flashtoolのインストールと起動
インストールファイルをダブルクリックで実行して、あとはそのままでOK。
インストール後、Flashtoolを起動。
3)Xperia本体に「Superuser」をインストール。
マーケットから検索してインストールすればOK。
4)Xperia本体のUSBデバッグモードを「ON」に変更
「設定」→「アプリケーション」→「開発」から設定を変更して、付属のUSBケーブルでPCに接続。
接続したら機種名を選択するダイアログが出てくるので「X10」を選択。
5)Busyboxのインストール
Flashtoolの上部メニューバーから「Advanced」→「Install Busybox」を選択。
6)SO-01bのroot化
Flashtoolの上部ツールバーの左から2つ目の「南京錠」のアイコンをクリック。
ログに「Finished」が出たら、Xperiaを再起動。
再起動後、成功していればログに「Root Access Allowed」が表示される。
※「Ask root perms」はグレーアウトして選択できませんでした。再起動後にはrootが取れていました。
7)xRecoveryのインストール
Flashtoolの上部ツールバーの右から2つ目の「十字」のアイコンをクリック。
「Recovery Selector」が起動したら「0.3GB」を選択。
※他のブログにあるようなxRecoveryの更新は必要ない模様

5.Xperiaのリカバリ作成とアップデート
バッテリはしっかり充電することを奨めます。
1)xRecoveryの起動
XperiaをPCから取り外した後に、Xperiaを再起動。
起動画面に白文字で「sony ericsson」が表示されたら、
Xperia本体の「←」ボタンを1秒程度押すことを繰り返す。
ドロイド君を不気味なおっさんの顔に書き換えた趣味の悪いロゴが表示されたら
xRecoveryの起動に成功。通常起動したら何度も再度起動しなおす。
音量ボタンの減少ボタンを同様にクリックするとうまくいくこともあった。
2)まずはバックアップの作成
「Backup and Restore」→「Backup」を押して、完了まで時間かかるので放置。
3)ROMの初期化
xRecoveryのホーム画面に戻って、「FullWipe(FactoryReset)」、「Wipe Cache Partition」、
「Advanced Optinos」→「Wipe Dalvik Cache」、「Wipe Battery Stat」を実行。
4)ThGo2 v14.0のインストール
xRecoveryのホーム画面に戻って、「Install Custom ZIP」→「Choose Custom Zip」→
「ThGo2 v14.0.zip」をインストール。
5)ROMの初期化(2回目)
xRecoveryのホーム画面に戻って、「FullWipe(FactoryReset)」、「Wipe Cache Partition」、
「Advanced Optinos」→「Wipe Dalvik Cache」、「Wipe Battery Stat」を実行。
完了後、ホーム画面に戻ってバッテリーを抜き、数分放置。

6.Flashtoolでの作業
1)Flashtoolを起動
Flashtoolを起動して、ツールバーの左端の「稲妻」のアイコンをクリックして、
「Flashmode」をクリック。
Firmware Contentボックス内のファイルをすべて選択して「OK」をクリック。
すると、Xperia本体の「戻る」ボタンを押しながらPCに接続するようにウィンドウが表示される。
2)XperiaをPC本体に接続
Xperiaにバッテリーを取り付け、本体の「戻る」ボタンを押しながら、USBケーブルでPCに接続する。
成功したら、Xperia本体右上に緑色のLEDが点灯し、Flashtoolのダイアログは消える。
消えた瞬間に、Xperiaの「戻る」ボタンから指を離す。
問題なければ、自動的に書き込み処理が行われる。
完了したらUSBケーブルを抜いてXperiaを起動→完了!
失敗の場合、緑色のLEDは点灯せず、「sony ericsson」のロゴが起動してしまう。

7.Xperiaの接続に失敗する場合
参照元:http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1431228&page=3の24番目のレスを参考

Flash modeで書きこむためにXperiaにつなごうとして、最初タイミングが悪いのか下のようなログが表示されて、Xperiaが起動し「sony ericsson」の画面から動かなくなりました。
バッテリーを抜いてやり直しても勝手に起動してしまい、接続できない場合の対処法。

INFO - Device disconnected
INFO - Device connected with USB debugging off
INFO - For 2011 devices line, be sure you are not in MTP mode

バッテリを外したXperiaをコンセントから充電して、「戻る」ボタンを緑色のLEDが点灯するまで連打して、点灯したらバッテリーを取り付けて、コンセントからケーブルを外す。
外した後、PCでのFlashtoolからFlash modeを動作させて、戻るボタンを押しながらPCにXperiaを接続する。
緑色のLEDが点灯したら、すぐに戻るボタンを外す。
うまく行かなかったら、とにかく繰り返す。
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/07 Tue. 23:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« ThGo2 v14.0インストールその後  |  SC-01Bに「Quick System Info Pro」を導入してみた »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dameyappari.blog28.fc2.com/tb.php/65-2d99380c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。