スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

Inbox ツールバーにやられたPCを復旧 

仕事の中で、職場や提携先にパソコンの使い方を教えたり、
調子の悪くなったパソコンを点検したりすることがあります。

昨日も、調子が悪くなったから見て欲しいということで
行ってみると確かにおかしい。

Windows XPが出た頃の古いパソコンで、
タスクバーの表示がバグっておりプログラムが起動しない。

とりあえずタスクマネージャーは普通に起動できたので
プロセスをみてみるとなんじゃこら( ゚д゚)

excel.exeやiexplore.exeが20個近く起動しており、
全体で300近くのプロセスが動いており、1GB近くのコミットチャージ。
実メモリ256MBのPCにはきついはず。

その中でもOV.exeというプロセスが100個近く起動していたので
調べてみるとInboxツールバーの関連プログラムだとか。
https://www.google.co.jp/search?q=inbox+toolbar&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

その他にも偽PC高速化ツールのプログラムが動いていたので
おそらくこいつらが原因と推測して、
セーフモードで再起動してプログラムのアンインストールから全て削除。
その後、通常モードで再起動して他にも不審なプロセスがないかチェックしたけどなし。
もっと厄介かと思っていたから良かった・・・。

おそらく中学生の孫が深夜エロサイトとか見てるんだろうなぁとのことで
これまでもワンクリック詐欺で請求画面がデスクトップに張り付いたこともあるようで。

他に調べてみたらCabosがインストールされていて、
無修正で検索していたようでw
ご本人にどういうソフトウェアか説明して同意の上で削除。

JwordプラグインやBaidu IMEもインストールされていたけど、
そこまでは削除せず。

本人には偽セキュリティソフトや偽レジストリクリーナーなど、
そしてXPのサポートが切れることを説明して、
今後また何か発生したら連絡するように伝える。

アダルトサイトに接続できんようにしといたほうがいいのかなぁ。
そこまでする必要はないか・・・。
次トラブルが起きたらそうすればいいか。

情報モラルの教育が急務だよなぁと感じた一日でした。
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/31 Wed. 16:37 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

« AMD Kabini搭載のMini ITXマザー発売について  |  季節外れの豚汁? »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://dameyappari.blog28.fc2.com/tb.php/170-2879a368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。